C83a7be0f28be968f1356ea0a0984804
ちゅうさんの男の夕食

陶芸ライフ(15)春・夏・秋・冬

2018/01/04 08:39 テーブルウェア 趣味 くらし

夏は乾燥防止、冬は凍結防止、作陶は春と秋が塩梅良いのです。


◆◇◆ 春 ◆◇◆

孫が「陶芸したい」というので、勝手につくらせました。

おうちで大事に使っているそうです。

釉薬を2種類使うとおもしろい味が出ます。

ぐい飲みをたくさん作っておくと、選ぶ楽しみがあります。

時々はおしゃかも。底に穴が開いても、カップの鉢になります。


◆◇◆ 夏 ◆◇◆

葡萄の葉脈をとった葡萄皿、織部釉で緑色に、和・洋に使えます。

2017夏の作陶は豆皿に凝りました。直径7cm、結構重宝しています。

茶色の釉薬(油滴天目)は黒に、グレーの釉薬(青銅マット)

は深緑色になります。

夏野菜の鮮やかな色はどんな器にも映えます。

◆◇◆ 秋 ◆◇◆

ダンス仲間が3人遊びに来て、半日で成型しました。

(実は焼いてお届けするのが結構時間がかかるのです)

花入れをいたずらでつくって見たら、結構おしゃれでした。

サンマもそれ専用の皿だと美味しく見えます。


◆◇◆ 冬 ◆◇◆

正月の寿司用皿が年末にできあがります。

和・洋・中・韓 に合う器づくりに頭を捻ります。

冬は陶器の産地に向学の旅のチャンスです。


ちゅうさんの陶芸のページ

  http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Homeroom/1978/togei.html

2018年は陶芸舎をつくって15年目、新たな作陶に挑戦です。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください